FC2ブログ

初心者アフィリエイトのススメ

噂のパソコンを使って副収入!初心者アフィリエイトの準備をのせていきます。カテゴリーの目次からどーぞ、興味のある方お気に入りに入れといてください! アクセスアップもできます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ■ASPって?

アフィリエイトで効率よく収入を得るためには、
   ASP業者を利用するのが一般的です。

ASP(エーエスピー)とは、
   Affiliate Service Provider( アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の略です。

 ASPは、契約状態や売上げ、支払いなどの管理を一括して行ってくれる
アフィリエイトサイトと広告主(ECサイト)の仲介をする役目を持っています。

アフィリエイトサイト     ASP      A社ECサイト(広告主)
(あなた)        (仲介業者)    B社ECサイト(広告主)
                          C社ECサイト(広告主)
                          D社ECサイト(広告主)


■ASPのメリット

もしあなたが各企業のECサイトから直接広告を貼り付けて報酬を得るなら、
   大変な手間と時間がかかる上、効率も良くありません。

例えば下図のように、あなたのアフィリエイトサイトの先月の売上げが
   A社というECサイトから月に8000円、B社から6000円、
   C社から1000円、D社から4000円あったとします。
   B社とC社の売上げは最低支払額に達していないので、
   支払いはA社、D社からのみになります。
   しかし、D社の支払日は翌々月末なので、支払われるのはA社だけになります。

ECサイト 売上げ 最低支払額 手数料 支払日
A社 \8,000 \5,000   無 料 翌月末
B社 \6,000 \10,000   負 担 翌々月15日
C社 \1,000 \3,000   負 担 翌々月末
D社 \4,000 \3,000   負 担 翌々月末
あなた

このように、ECサイトによって条件がバラバラなので大変面倒です。
また、あなた側も各ECサイトに、ひとつひとつ登録や手続きをしていては、
自己管理が難しく、アフィリエイトで報酬を得る為の作業が非常に煩わしくなってくるでしょう。
そこで、そんな問題を一気に解決してくれる仲介役のASP業者に登録します。

ASP業者の主なサービス内容

登録は無料!
  ほとんどのASPは無料で登録できます 好きな広告を選べる!
  自分のサイトの内容に合った広告を選んで申し込みすることが出来ます 管理をしてくれる!
  契約状態や売上げ、支払いなどの管理を一括して行ってくれます 報酬はまとめて支払い!
  広告主ごとに得た報酬を、ASPがあなたの口座にまとめて払ってくれます

このように、アフィリエイトで効率よく収入を得ようとするならASPを利用する事は不可欠なのです。
アフィリエイトサイトとなる自分のHPと報酬を振り込んでもらうための口座を用意したらどんな広告を貼ればいいかと悩むよりも先に、まずはASPに登録しましょう。

 ここまでのまとめ ・ASPとは、アフィリエイトサイトと広告主(ECサイト)の仲介業者のこと
・アフィリエイトで効率よく収入を得るためにASPを利用(登録)する


まず、フリーメールを取得してください

 アフィリエイトをする場合、

「フリーメール」無料で取得できるメールアドレスを利用することをおすすめします。

無料ですし、受信アドレスによってフォルダをわけたりすることもできます。

またWEBでメールを受信できるので、どこにいてもメールを確認することができます。

ここではよく使われているフリーメールを3つご紹介します

Yahoo!メール :http://mail.yahoo.co.jp/

Hotmail :http://login.passport.net/uilogin.srf?id=2

gooメール:http://mail.goo.ne.jp/goomail/

ただ、この最近フリーメールを受け付けていないサイトが多いように思います。
はい、次アフィリエイト用のブロクかホームページを作ってください

無料です。商用不可の所があるんで商用のモノを選んでください。ココで選べます


http://safelink.gozaru.jp/blog.html


★忍者ツール・只今ホームページ

  http://www.shinobi.jp/

ここは解析機能もついていて大変便利です。





★Yahooホームページ

 http://geocities.yahoo.co.jp/

YAHOOのIDの登録が必要ですが、たぶんみんな持って

いると思いますので、スムーズです。

アップロードもブラウザで出来るのでオススメ!






 次、ネット銀行にも登録してたほうがいつでも見れるんで便利です

【イーバンク銀行】          

 イーバンクカード

同じイーバンク銀行同士なら送金手数料が無料。

金利も日本屈指ですのでメインバンクとしてもお薦めです。

口座をお持ちでないなら、こちらに口座を作っておきましょう!。






【ジャパンネット銀行】

 


24時間365日ご利用可。

取引明細は「取引時刻」まで確認可。

郵便局、三井住友銀行、コンビニ提携ATMがご利用可。

振込入金があった場合などにメールでご連絡。

郵貯ぱるるにも送金できます。郵貯ぱるるからの送金も受けとれます。



 次、自分のブロクなりHPを検索エンジンに登録

 宣伝の第一歩は検索エンジンへの登録からです。最低でもトップページは登録するようにしましょう。


なぜ検索エンジンへの登録が必要か?

 皆さん、インターネットで情報を探す時ってどんな方法をとりますか?この質問をすると90%以上の人が検索エンジンを活用すると答えます。

 それ以外の答えも「すでにお気に入りに指定してあるサイトへ行く」「人づて、または雑誌など他メディアで知ったサイトへ行く」などですから、実のところ、新しい情報を探す際にはほとんどの人が検索エンジンを使用していることになります。

 多くの人が日常的に使用するものです。サイト側としても検索エンジンから流れてくるビジターはとても多いことになります。

 これが結論ですね。検索エンジンというのはネット上でもっとも人が流れて来やすい宣伝手段なんです。実際にはSEO対策等を講じなければいけませんが、なにはともあれ登録だけは済ませておきましょう。


どの検索エンジンに登録すれば良いか?

 検索エンジンって実は結構な数があったりするんです。日本語対応の検索エンジンだけに限っても3桁ありますからね。これのすべてに登録しなければならないのでしょうか?登録して損はないでしょうが、それぞれ手続きの違う検索エンジン1つ1つに登録していくことは労力がハンパでないことはすぐに分かります。

 実際ほとんど使われておらず、登録しても意味のないような超マイナー検索エンジンも実在しますからすべての検索エンジンに登録する、と言うのはオススメできません。

 絶対登録しなければいけない検索エンジンがあります。3大検索エンジンと呼ばれる「Yahoo!Japan」「Google」「MSN Search」の中、審査のないロボット型検索エンジンのGoogleとMSNです。この2つは使っている人が多いですから必ず登録しましょう。

 この2つ以上はあなたのやる気とお好みで、ということで。


登録代行サイトを活用する
 検索エンジン登録は基本、本人が検索エンジンを1つ1つ巡って自分で登録していくものです。しかし、その検索エンジン登録を代わりにやってくれるサイトが存在します。もちろん1つの検索エンジンへの登録代行では手間が代わらず意味がありませんので、一度に複数の検索エンジンに登録してくれます。

 実際に検索エンジン登録はこの方法を使って登録する人のほうが多いみたいです。こっちの方が効率がいいのは目に見えてますかね。

 無料のサイトと有料のサイトがあります。もちろん無料のものは無料ですが機能は最低限で、有料のものは登録検索エンジン数も多く、掲示板への書き込みもしてくれたり、他にもサイト作成のお役立ちツールも使わせてくれますが有料です。

 どちらを使うかはあなたのお好み次第です。少しだけおせっかいをやくと、初めての方でサイト解説から間もない方は無料のものを使うようにしましょう。

 知識、サイト内容共に上達して…有料のサイトのいいところが頭で理解できるようになり、それを使うだけの価値のあるサイトを作ることができたなら有料のものを使えばいいのです。なんとなく有料のサイトとに任せておけばいい、と考えるとたいした価値は見出せないと思います。


登録代行サイト・無料編
 「一発太郎」・・・国内25の検索サイトに登録してくれます。何よりもうれしいのは何も見返りがないことです。(他の無料登録代行サイトはバナー、リンク設置等のルールがあったりもします。)

 登録可能サイトは以下のとおり・・・Yahoo!Japan、Google、MSN Search、goo、excite、ODNサーチ、Biglobeサーチ、AOLサーチ、Netscape、@サーチ、infoseek、OCNサーチ、URL広場、AltaVista、フレッシュアイ、Alltheweb、ネットアイランド、サーチ女史、等

 サイトを覗いてみると若干色がきつく「大丈夫か?」と思わせるサイトですが(笑)、長く続いているサイトで有名サイトでもありますので信用はあると思います。

 おいらもはじめはお世話になったサイトです。


一発太郎無料登録はこちらから→一発太郎

追加
Yahoo! JAPAN への検索エンジン申請ページ

msn への検索エンジン申請ページ
登録代行サイト・有料編
 「ホームページ登録.com」・・・検索エンジン登録は国内300サイトです。有料サイトとしては珍しいほど多い数字ではありませんが、このサイトのいいところはその料金と追加機能です。SEO対策のサイトとしても有名です。

 安いコースではつき1980円で検索エンジン登録ができます。この料金以下の登録代行サイトはおいらは見たことがないですね。検索エンジンへの登録だけならこっちのコースで充分です。このコースでもリンク切れをチェックするツールや、検索エンジンで自分のサイトの検索順位を調べるツールが使えます。

 高いコースはアドバンスプランといいまして月額7980円です。個人サイトとしては痛い出費ですね。レンタルサーバーよりも全然高いです。

 しかし、魅力的なツールが目白押しです。サイト内全体のメタタグをチェックしてくれるツールや、リンクされているURLをリストアップするツールもあります。これがあると相互リンクの管理とか楽ですよね。

 さらに、一番魅力的なのは月に1回メールが来るんです。それは専門家が自分のサイトを実際に見て、自分のサイトのためにだけ書いたアドバイスメールです。自分に今一番たりないところを直接教えてくれますからこれほど心強いものはないです。

 ・・・話が脱線しました。先にも言いましたが、検索エンジン登録だけなら安いコースで行きましょう。収入で料金以上の利益をだしてやる!というガッツがあるなら高いコースを使ってみても良いかもしれません。



ホームページ登録.com登録はこちらから→ホームページ登録.com



次はアフィリエイトのコツにどーぞ!

  さて、実際にアフィリエイトを始める前に基礎的な知識を学んでもらいましょう。サイトによっては専門用語を説明もなしにばんばんつかっている事もありますので初めは少しとまどうことがあるかもしれません。そうならないための基礎用語集です、勉強嫌いな人も少しだけ我慢してお付き合いください。


アフィリエイト(affiliate) - 類:アフィリエイトプログラム

 前項「アフィリエイトてな-に?」で紹介したとおりです。一言で表すとインターネット上で他人の商品を宣伝し、その宣伝によって商品が売れると仲介量がもらえる、といったシステムです。


アフィリエイトサイト - 類:AS
 企業と提携して広告を掲載しているサイト。皆さんにこれからなってもらおうとしているものです。


マーチャント - 類:ECサイト、ECマーチャント

 広告主のこと。マーチャントの宣伝費をアフィリエイトサイトはもらっていることになりますので親企業みたいなものです。


アフィリエイトサービスプロバイダ - 類:ASP

 アフィリエイトサイトとマーチャントを結びつける、アフィリエイトの運営代行サービスを行っているサイト。

 アフィリエイトサイトに対してはより多くのマーチャントを紹介し、マーチャントに対してはより多くのアフィリエイトサイトの目に触れることを目的としてものです。一度に多くのアフィリエイト情報をえられることから、皆さんがアフィリエイトをする時はこのASPを活用することが多くなるでしょう。


リンクスタッフ

 アフィリエイトサイトとマーチャントが直接結びついた状態のこと。ASPを間にはさんでいないのでASPの仲介料分報酬は高いことが多いです。


バナー - 類:バナー広告
 長方形の広告。画像やFlashを使っていて、広告として一番一般的な形。皆さんも一度は目にしたことがあるでしょう。


成果報酬
 広告主から支払われる報酬の形態の一つ。商品が売れるなどの一定の条件を満たすことで報酬が発生します。一件につき報酬額の決まっている「定額報酬」と売り上げ金額によって変動する「定率報酬」があります。


広告報酬

 広告主から支払われる報酬の形態の一つ。アフィリエイトサイトで広告が表示されることで報酬が発生する「表示回数報酬(CPM)」とその広告を訪問者がクリックすることによって報酬が発生する「クリック報酬(CPC)」があります。



 と、それぐらい覚えとけば十分でしょう。
 
まずはじめに、アフィリエイトとはなにか?安全なのか?本当に儲かるのか?この三つを中心に紹介したいと思います。


アフィリエイトとはなにか?

 アフィリエイト(affiliate)はそもそも英語で「提携」「加入」「仲間」という意味を表す言葉です。アフィリエイトはアフィリエイトプログラムとも呼ばれ、一言で表すならばインターネット上で広告主と提携したサイトが販売代理店のような役目をするシステムのことです。

 具体的には広告主が販売している商品を自分のサイトで宣伝し、そのサイトのリンクをたどって商品が売れるなどの成果を出すとサイトに報酬がわたされる。といった感じです。

 さらに具体的に、例を出して説明しましょう。ネット上で靴を売っている販売店“A”。しかし自分のサイトだけではどうも売れ行きがよくありません。そこでA店の靴を他のサイトでも宣伝してくれるよう募集をかけました。もちろんただでは誰も宣伝はしてくれません。そこで他のサイトから靴が売れるたびに1000円の仲介料を払うと約束します。

 その情報をつかんだサイト“B”。自分のサイトで紹介するとA店に連絡し、実際にサイトでA店の靴を紹介し始めました。そのうちBサイトからA店の靴が10個売れました、そうするとA店は約束どうりBサイトに1000円×10個の10000円を支払いました。

 A店は売り上げが伸び、Bサイトはお金が手に入った。お互いに利益が出る。これがアフィリエイトです。


アフィリエイトは安全か?

 はじめに言い切ってしまいますが安全です。無料で参加できるからなんで安全なのが当たり前なくらいですね。

 なんで無料で参加できるのか、それは私たちが小売店だからです。その小売店から参加料を取ることもできなくはありませんが。小売店は多ければ多いほどいいのは当たり前です。小売店から参加料を取ることは参加へのハードルを上げ、結果小売店の数を減らすことになります。それは相手にとって不利益なことでしかないのです。

 またもう一つ無料ではじめられる理由として、在庫を抱えなくていいというのがあります。商売に在庫はつき物ですが、私たちの仕事は宣伝することまでなのでその後はすべて広告主がやってくれます。在庫に限らず商品発送、支払いの確認もやる必要はありません。

 そういう意味も含めると小売店というよりは広告代理店と言った方が正しいかもしれませんね。


アフィリエイトは本当に儲かるのか?
 2003年に経済産業省が発表した電子商取引市場規模(インターネットショッピングでのお金のやり取り)は約5000億円です。さらに、アフィリエイトを使ったものはそのうちで10%を占めるといわれています。つまり2003年ではアフィリエイトだけで500億円の市場があったということです。

 実際私たちがそれをすべて受け取れるわけではありませんが、それでもアフィリエイトで報酬として数十億単位の支払いがあったことは確かでしょう。ンターネットの普及に伴いネットショッピングの市場はさらに拡大していくでしょうし、アフィリエイトの重要性もこれからさらに大きくなっていくことは間違いありません。

 また、実際にアフィリエイトだけで生活をしている人も存在します。有名なサイトでは月数百万の利益を出しているところもあります。個人レベルで数百万は難しいかもしれませんが、個人でも月に100万円以上稼いでる人も珍しくありません。


 以上のことからアフィリエイトとはなにか、さらに安全性などに関しても理解していただけたでしょうか?
 さらにもう一つ、アフィリエイトは日本では1999年に始まったばかりの比較的新しいシステムです。たった数年でここまで大きな市場を作ったアフィリエイト
 これからの成長に希望を抱かずにはいられません。


■報酬が発生する条件 アフィリエイトの簡単な仕組みについては、

お分かりいただけましたか?
前の所では、紹介料を貰うには、訪問者が自分のサイトに貼ってある
広告をクリックして商品を購入する事が条件と記しました。

しかし、報酬が発生する条件は、「 商品を購入 」 だけに限らず、
そのサイトの会員になったり資料請求したりと、広告主によって様々なんです。

このように、広告をクリックして広告主のサイトへジャンプした訪問者が
アクションを行ってはじめて報酬が支払われるシステムのことを
成果報酬型アフィリエイトと言います。
成果報酬型のアフィリエイトは、広告主によって売り上げた商品の何%や
1件何円という定額で報酬額が決められてます。

その他にも、報酬が支払われるシステムには次のようなものがあります。

・クリック報酬型(クリック保証型)

広告クリック回数によって報酬が支払われるシステム。
1クリック1円~10円が多い。
広告を掲載する側には、「 単価が低くアクセス数が少ないと大きな報酬を得られない 」
   また、広告主にとっては、「 クリックされても成果に繋がらない、不正なクリックが多い 」
   というデメリットがあり、最近ではあまり人気がないようです。

・表示回数報酬型(インプレッション保証型)

広告の露出回数によって報酬が支払われるシステム。
アクセス数が鍵となるので、大手ポータルサイト
   (yahoo!やgoo、大手プロバイダのHPなどの巨大なwebサイト)は、
   インプレッション保障型の広告で収入を得ている場合がほとんどです。
   アクセス数が少ないサイトは不向きかもしれません。

・段階報酬型
自分が紹介した人が得た報酬の一部も自分に支払われるシステム。
段階には2段階報酬型、3段階報酬型、4段階報酬型がある。
うまく利用すれば、継続的に収入を得ることができます。

このように広告を貼り付けて収入を得るには、様々な方法がありますが、

今は一般的に、成果報酬型のアフィリエイトが主流のようです。
アフィリエイトは、ホームページ(ブログやメルマガでもOK)さえ
持っていれば誰でも簡単に始められる仕事です。ポータルサイトでなくても、
広告だけで月に数百万の収入を得ている人も居ます。
凄いですねー。でも、これは人事ではなくあなたにも出来る可能性は十分にあります。
とは言っても正直なところ、最初から数百万の収入は無理なので月3万円ぐらい
の収入を目標にアフィリエイトに挑戦してみましょう。

おいらを含めて、アフィリエイトサイトを運営している人達は、
そんな面倒な事はしていません。
広告主が個人向けに広告を出さないなら
 個人向けに広告を提供するサイト=ASPに登録すればいいんです。
アフィリエイトで効率よく収入を得るためには、ASPを利用するのが一般的です。

 ASPはまた後で説明します。

ここまでのまとめ
・報酬が発生する条件は、広告を経由して商品、サービスを購入、
 登録などをした時点で発生する成果報酬型、
 広告がクリックされた回数によって報酬が決まるクリック報酬型、
 広告が貼ってあるページが表示される回数で決まる表示回数報酬型、
 誰かを紹介することによって発生する段階報酬型 がある。


 途中でわからない言葉があれば
アフィリエイトの基礎用語を参考にしてください。

  じゃあこれから下準備!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。